秋元 康のプロフィール

プロフィール

  • 名前:秋元 康(あきもと やすし)
  • 生年月日:1958年5月2日

秋元 康とは何者か?

音楽プロデューサーとして、日本作家・作詞家・映画監督とさまざまな顔を持つ秋元氏。女性アイドルグループ「おニャン子クラブ」や、「AKB48」を世に送り出した名プロデューサーとしても広く知られています。現在の大活躍に至るまで、一体どんな道のりを歩んできたのか。秋元氏についてご紹介していきましょう。

放送作家として活躍し始めるまで

東京都のサラリーマン家庭に生まれた秋元氏。もともと官僚志望であり東大を目指すものの、中央大学附属高等学校に入学しなかなか勉強に集中できない日々を送っていました。そんな高校2年生の冬、ニッポン放送『せんだみつおの足かけ二日大進撃!』の番組内コーナーに、20枚にわたって書き上げたパロディ作品を同級生の薦めを受け送ります。

すると社員の亀渕昭信氏(のちに社長)と、放送作家グループに所属していた奥山侊伸氏、二人の目に留まり「ニッポン放送へ遊びに来るように」と声をかけられたのです。その後出入りするようになってからは奥山氏の弟子となり同グループに所属するようになります。

中央大学文学部入学後は放送作家として活動を始めていましたが、秋元氏にとって「放送作家をアルバイト」でしかなかったそうです。しかし当時のサラリーマンの4倍近い収入を放送作家業によって得ていたのですから、若い頃から才能あふれる人物であったことは確かでしょう。こうして秋元氏はごく自然な流れで、放送作家としての道を歩き始めます。

作詞家、プロデューサーとして

その後も続けていた放送作家業ですが、次第に物足りなさを感じていきます。そして職業の将来性に不安を感じていたところ、作詞を手掛けるきっかけを得ます。1981年、フジテレビ系で放送されたアニメ『とんでも戦士ムテキング』の挿入歌「タコローダンシング」で初めて作詞家としてクレジットされデビューを果たします。

アーティストに初めて提供した作品は、Alfeeの「言葉にしたくない天気」で、これ以降は作詞家としても本格的な活動を始めます。稲垣潤一や長渕剛の楽曲を作詞し、作詞家としての知名度もどんどん上がる一方で『ザ・ベストテン』、『夕やけニャンニャン』などの構成を担当して高視聴率を連発します。

もちろん楽曲の作詞を手掛け、多くの曲をヒットさせながら1985年からは女性アイドルグループ「おニャン子クラブ」の楽曲を手掛けメンバーを次々とソロデビューさせます。その際に全楽曲の作詞・プロデュースを担当し、これがのちのAKB48のプロデュースへと繋がっていきます。

そして歌姫・美空ひばりの遺作となった「川の流れのように」の作詞を担当。これにより、秋元氏は作詞家としての地位を不動のものにするのです。

プロデューサーとしての活躍

東京・秋葉原で女性アイドルグループ「AKB48」を立ち上げ、総合プロデューサーに就任。AKB48は専用劇場で毎日公演を行う「会いに行けるアイドル」を目指し成功、多くのファンを集めます。国内外にAKB48の姉妹グループを設立し、いずれのグループも個性あふれる面々が所属しています。

作詞家歴として30年以上を過ごし、シングルのミリオンセラーを連発、多数の賞を受賞するなど華々しい経歴はここには書ききれないほどです。現在は2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会理事に就任しており、きたる東京オリンピックに向けて慌ただしい日々を送る秋元氏。

今後も秋元氏の描く世界観や新たな試みなど、どんなものが飛び出してくるのか。これからもますます進化し続けていく秋元氏の活躍に期待です。

秋元 康のSNSを紹介

なし