塚本 晋也のプロフィール

プロフィール

  • 名前:塚本 晋也(つかもと しんや)
  • 生年月日:1960年1月1日

塚本 晋也とは何者か?

映画監督、俳優、ナレーターとさまざまな肩書きを持ち、マルチに活躍する塚本晋也氏。世界中に熱狂的なファンを持つなど、その才能に多くの場所から注目が集まります。自ら製作・監督・脚本・撮影・美術・編集・出演を兼ねる自主制作スタイルを貫くなど、自分らしく作品作りに携わる。こだわりとプロ意識を持った塚本氏に注目です。

自主映画制作は中学の頃から

東京都の下北沢に生まれ原宿で育ったという塚本氏。幼少の頃から観ていたウルトラQをはじめ多くの作品に衝撃を受け、中学時代から自主映画を作り始めたそうです。当時は怪獣映画に夢中で、円谷一の著書『特撮のタネ本』はバイブルでした。

中学2年生の時に水木しげる作のマンガ『原始さん』を原案にして、父が持っていた8ミリカメラで映画製作を始めます。商業デザイナーだった父の影響もあり、幼い頃から絵を描くことが好きだった塚本氏。進学した日本大学鶴ヶ丘高等学校高校では美術学科を専攻。その後、日本大学芸術学部へ進学・卒業します。

この頃のスタイルを大人になった今でもほぼ同じように貫いており、ほとんどの作品で自ら美術も手掛けるなど、独自の制作スタイルは中学時代から築かれていたようです。ちなみに高校時代は4本の映画を制作、日本テレビ主催のシネマフェスティバルで入賞を果たすなど当時から才能にあふれていたことが分かります。

高校生の頃、友人の助言で黒澤明の映画を観るようになったそうで、高校時代は黒澤映画をほとんど観ては映画への考え方や脚本の書き方などを勉強します。そういった高校生活を経て日本大学芸術学部に進学した後は、演劇に惹かれていきます。劇団を主宰するなど、映画とは少し離れていきますが決して映画監督の夢を捨てたわけではありませんでした。

卒業後すぐ夢は叶わず、しかし

卒業後は劇場映画の制作を目指すも夢叶わず、CM制作会社に就職します。今までの制作においてはすべて独学でしたが、ここで技術を学びます。CMディレクターとして忙しく働く一方、仕事も演劇も続けていましたが両立が難しくなり、4年間勤めた後に退社を決意します。 退社後には劇団を結成し、3本の芝居を興行します。

1988年、海獣シアターの仲間とともに作った『電柱小僧の冒険』でPFFアワードのグランプリを獲得する。 翌1989年、制作費1,000万、4畳半のアパートで廃物のSFXと少数のスタッフで制作された『鉄男』が、ローマ国際ファンタスティック映画祭のグランプリ受賞を果たします。

そしてこの映画は海外の映画祭に持ち込まれ、一般公開1作目にして国際的に高く評価されます。この功績は、後の海外映画祭における多数の新世代の日本映画評価への先鋒となるなど大変大きなものでした。その後も『ヒルコ/妖怪ハンター』や、『鉄男II BODY HAMMER』が世界40以上の映画祭に招待されるなどますます作品が注目されていきます。

1999年には、塚本氏が演じる中年のサラリーマンを主人公にしたバイオレンスアクション『バレット・バレエ』を制作。2002年大谷健太郎監督の『とらばいゆ』や三池崇史監督の『殺し屋1』に俳優として出演し、第57回毎日映画コンクール男優助演賞を受賞するなど俳優としても活躍します。

その後もさまざまな活躍は続き、2018年には長年塚本氏が思い描いたアイデア「一本の刀を過剰に見つめる若い浪人」が、塚本氏にとって初の時代劇となる『斬、』として映画化されました。多くのクリエイターにとって大きな影響を与え続け、これからも生み出されるであろう塚本氏の作品に期待です。

塚本 晋也のSNSを紹介